上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●のっけから大きく出たタイトルですいません(笑)。


●「情報の送り手と受け手の分離が顕著になった現代社会において、集団行動」は、「情報の受け手の地位に置かれている国民が自己の思想を表現するきわめて重要な手段である」(芦部信喜著「憲法(新版)」(岩波書店・1997年)163P以下)

 「アクセス権とは」、「情報の受け手である一般国民が、情報の送り手であるマス・メディアに対して、自己の意見の発表の場を提供することを要求する権利(具体的には、意見広告や反論記事の掲載、紙面・番組への参加等)の意味」(前掲芦部162P)


●上記2つのフレーズ、
法律を少しでもかじったことのある方には、聞き覚えのあるものでないでしょうか。

 インターネットの一般への普及が既にかなり進み始めていた1997年、
日本国憲法についての代表的な教科書には、
一般国民はなおも「情報の受け手」であると記載されていたわけです。

 そして、そのような記載は、少なくとも私にとっては、
その後何年間も、というか、つい最近まで、
極々当然のこととして受け止められてきました。


●何を隠そう、この私自身も、
インターネットの一般への普及とその後の発展を間近で見てきた世代の一人です。
 
 わかる方にはわかると思いますが、
アナログ回線が主流だった1996年ころ、
かつての 「電気街・秋葉原」を文字どおり駆けずり回って、
当時入手困難だったデジタル回線用のモデム機器(TA・DSU)を店裏から見つけ出し、
値引き交渉も虚しく、 9万円前後(!) の大枚を叩いて購入、
今ではお笑いの 64kbit/s(!) の通信速度に涙して感動した口です(笑)。

 その後、時代は、デジタルからADSL、そして光へ。
 私も、ご多分に漏れず、それぞれにいち早く乗り換えてきました。

 ネット上のコンテンツも恐ろしく大容量化してきましたね、
 だって映画がネット上で普通に観られるのですから。

 パソコンやモデム機器などの値段も、
ひと頃と比べれば、それこそ異常なまでに安くなっちゃいました。


●そんな私ですが、ずっと手を出さなかったネット物があります。

 ホームページです。

 ネット上における自らの情報発信、と言い換えてもよいかもしれませんね。


●「どうして?」って問われることがあったとすれば、こう返答したことでしょう。

 「そんなの無駄だから」。

 この一言に尽きてました。

 無限に情報が溢れるネットの世界で、
誰も自分の発している情報などに気づきはしない、
本気でそう思ってました。


●ところが、つい最近になって、日常の中の不思議なことにふと気付きました。

 皆さんも日々使われている検索エンジン、Googleが代表的ですが、そこで、
個人の方のブログが検索結果の上位に表示されることが多くなりましたよね。

 最初は余り気にしてなかったのですが、
次第に「何だ、コレ?」って思うようになりました。


●そこから先は、私の習癖である「活字フェチ」の本領発揮で、
しばらく紐解いてなかったネット関連の書籍などをそれなりに読み漁りました。
 
 それらの内容については追って詳しくお話する機会もあるかと思いますが、
今日は、短い感想だけ。
 
 「遂に来たか」と(笑)。

 いや、「何が来たか?」って、「人類総メディア化」の時代、
少なくともその端緒は見えてきたんだなと、
そう信じられるだけの材料は集まってきたように思えました。
 
 ようやく発展してきたWeb2.0の技術環境、
これを使って、文系版のオープン・ソースとでもいいましょうか、
ジェームズ・スロウィッキー氏のいう“Wisdom of Crowds”を信じ、
微力ながらも“Crowds”の一員として参加して、
自らの情報をネット上での淘汰にさらしてみようかな、
そう本気で思わせてくれる時代が来たのだ、と。


●別に既存メディアの存在意義それ自体について、
何らかの疑問を差し挟むつもりは毛頭ありません。
 今後もロングテール理論でいうところのネック部分を押えていくことでしょう。

 でも、その発する個別情報については、
色々な疑問を感じることが少なくありません。
 
 だから、既存メディアに対して完全に依存はしたくない、
それが今の正直な気持ちです。


●意外に長くなってしまいましたが、
以上の次第で、今日、私は、このブログを始めることにしました。

 そう、だから、今日は私の「メディア独立記念日」なのです(笑)。


(2008年1月1日記)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://bookaholiclawyer.blog18.fc2.com/tb.php/1-7a9a7714
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。