上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●今の自分には手の届かない世界に憧れるか/蔑むかが人生の分かれ道。


●いやはや、
ずっと心に圧し掛かっていた重い案件がようやく一段落。
 これで羽を伸ばせるかと思ったら、
別の重いのが動きそうな匂いがプンプンしてる今日この頃ですが、
とにかく今のうちにブログ記事を書き溜めておこうかな、と。

 ちなみに、
会社法改正絡みの記事を書き溜めておこうかと思ってたんだけど、
周知のとおり今年の通常国会への提出は見送りのようなので、
そちらは一旦ストップさせてくださいませ。

 ということで(?)、
本日のツボは要件事実論について軽く。


●いつもの如く、
要件事実論の一般的説明は勘弁ね。
 余り詳しくない方は、
こちらなどを参照されたし。

 まぁ、
誤解を恐れずに簡単にまとめて言うと、
自分が勝訴するためにはどの事実を立証し切れないといけないのか、と、
そういう立証責任の分配ルールだよね。

 この要件事実論について、
オモテ・ウラのいずれを問わず、
よく聞こえてくる発言ってのがさぁ、

 「要件事実なんて実務で使わないよね、意識したこと無いよ」、と。

 そんなことを、
公の場で堂々と賜る方が後を絶たないよね。

 こういう発言を聞いて、
私がまず一番最初に思うのは、

 「ギリギリの訴訟を余り経験したことないのかなぁ?」、と。

 確かにね、
要件事実なんて意識しなくても、
実体法の知識さえあれば自然とスジが見えてくる紛争って、
それは少なくないのよ。
 数としてみれば、
多分こちらの方が多いんだろうね。

 でも、
ホントにギリギリの訴訟の場合ってさ、
それこそ修習生みたいに要件事実論を前提に立証責任の分配を丹念に紐解いて、
そこまでして初めて彼我のどちらが(どの部分で)優勢なのか、
要は事件のスジっていうんですかね、
そういうのが見えてくるもんなんだけどねぇ。

 ちなみに、
この点については、
ちょっと抽象化して書いちゃってるけど、
『スジ』って何よ?」というツボも参照あれ。


●後はさぁ、
訴状や答弁書、準備書面とかってのも、
ある程度メリハリを利かせたりしなきゃならんこともあるわけでしょ。

 裁判官も人間なんだから、
肝心の主張が埋もれちゃったらダメなのよね。

 極端な例で言えば、
相手による言いがかりに等しい部分などについては、
こちらに立証責任がないことが明らかなら、
もう相手になんかしなくてもいいのよ。
 もちろんケース・バイ・ケースだけど、
こちらに有利な事情だからと何でも詰め込もうとするのは、
かえって有害な場合も少なくないのよね。


●それからさぁ、
要件事実論を意識しないで、
どうやって判例・裁判例の射程距離を読んでるのかなぁ、と。

 まず判例・裁判例ってのはさ、
ちゃんと全文を隈なく読まないとダメなのよ。
 ダイジェストとか下線引いてる部分とか、
そこだけ読んで分かった気になってる人がいかに多いことか。

 で、
そういう人ってさ、
その事件で当事者がどこまで主張していたのかって、
そういう点を読み込んでいない場合が結構あるのよね。
 本来は重要な論点について、
当事者が主張していないから(必然的に立証もしていないから)、
裁判所が敢えてそこには触れずに省エネで判断してるものって、
よく見てみると結構あったりするのよ。
 それは当然、
その判決の射程距離にも影響するでしょうよ。
 そういう分析をするには、
当然ながら要件事実論を意識しないとできないと思うんだけど。


●ちなみに、
個人的にはさぁ、
斜に構えちゃってる人のことなんか、
正直あまり興味ないわけなんだけど、
気にかかるのは将来のある若者なんだよね。

 我が身を振り返ってみても痛感するんだけど、
それぞれの段階でちゃんと学ぶべきことってのがあるんであって、
心無い一言で若者の学習意欲をムダに削がんで欲しいなぁ、と。

 私は幸い、
当初は裁判官志望だったこともあってか、
少なくとも途中までは(笑)結構マジメに勉強した口だけど、
まぁ、おかげさまで実務でも結構、役に立ってるのよ。


●本日のツボはここまで。

 冒頭の言葉は、
大学時代だったかに、
とある偉い先生からいただいた言葉の一つ。

 最近、
ネット上に色々な発言が溢れるようになって、
この言葉の重さが身に染みる今日この頃。
 
 もちろん、
今日は私のメディア独立5周年記念日!?」という前回のツボを含め、
当然ながら自分にも跳ね返ってくる話なんだけどね。。


(2013年2月28日記)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://bookaholiclawyer.blog18.fc2.com/tb.php/118-c392883e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。