上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●今日は、ちょっとマニアックですが(笑)、ベンチャー投資について。


●このベンチャー投資、
まぁ、日本でも、昔に比べれば増えてきた方なんでしょうが、
いかんせん、まだまだマニアックな感が否めないような気がします。

 また、その対象が、ベンチャーって言うぐらいですから、
非開示会社が殆どで、なかなか関連情報もオモテに出てこないんですよね。

 だからプラクティスが余り固ってないし、固まりにくい。
 これが日本におけるベンチャー投資の現状なんじゃないでしょうか。


●さてさて、そんなベンチャー投資ですが、
そのような状況の中でも、結構よく耳にするプラクティス(?)があります。

 それが本日のツボの表題に掲げた点。

 「リード・インベスターを超えられないのでは?」、と。

 まぁ、様々な意味で用いられ得るのかもしれませんが、よく言われるのは、
リード・インベスターが用いた投資契約の内容を踏襲しろ、と。
 もっとザックリと言ってしまえば、
リード・インベスター以上に、うるさいこと言うな、と(笑)。
 そんなところなんですね。


●確かに、リード・インベスターって言うぐらいですから、
それよりも持株比率あるいは投資比率の小さいインベスターが、
その投資実行後においてですね、
リード・インベスターよりも大きな権利を持つのはおかしいのでは?、と。
 それはわかるんですよね。

 例えば、投資実行後の場面において、
リード・インベスターよりも多い数の役員を指名できる権利とか、
リード・インベスターが有するものよりも強力な拒否権限とか、
そういうのを要求するのは、おかしいのでは?、と。
 うん、それはわかる。


●ただ一方で、
投資を実行するかどうかという投資実行前の場面においてですね、
例えば、投資契約の締結にあたって対象会社等から表明・保証してもらう内容ですとか、
実際に投資を実行するにあたっての前提条件の内容ですとか、
そこらへんは、それぞれの投資方針によって当然違ってくるはずなんですね。

 だから、
それらの内容についてまで、リード・インベスターが要求した内容にとどめろ、と、
リード・インベスターが用いた投資契約の内容を、そのまんま踏襲しろ、と、
そういうのはおかしいんじゃない?、と、
そう思うのですよね。


●本日のツボはここまで。

 ちょっと時間なかったので、本日は短めで(笑)。


(2008年1月24日記)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://bookaholiclawyer.blog18.fc2.com/tb.php/16-aa996ac0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。