上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●いやはや、そんなこんなで2周年。。。


●2周年を迎えてもなおマニアック臭の漂う本ブログですが、、、
このような本ブログでも愛して下さっている皆様、
とりあえずは、あけましておめでとうございます。

 いやはや、いつの間にやら2周年を迎えてしまいました。

 思えば、もう2年前にもなる2008年の元旦、
初詣にも行かず、血眼になってブログの調整等を行うとともに、
初めての記事を鉛筆ナメナメしながら書き上げた上で
いざ投稿ボタンを押したときの、あの新鮮な気持ち、
あの気持ちを今ではスッカリ思い出せなくなっているのは、
やはり年のせいでしょうか・・・(苦)。


●さて、そういうブラックな点は置いといて、、
昨年は投稿記事が合計8本と極めてお寒い状況となってしまいましたことを、
改めて、ここにお詫び申し上げます。

 2008年元旦にブログを創めた時は、
当然ながら全く読者がおられなかったのですが、
昨年は、上記のように更新が酷く遅かったにもかかわらず、
コンスタントに常連さんや初回さんから多くのアクセスをいただいていたようでして、
ホントに感極まるとはこのことと、大変感謝感激の至りです。

 気分的には昨年の第4コーナーあたりから巻き返しを図る予定だったのですが、
オモテの世界(笑)での複数の執筆に対応すべく多大の労力と時間を要してしまいまして、
ウラの世界(=本ブログ)まで手が回っていなかったというのが正直なトコロでした。
 実は今も1本、ダラダラと書いてる最中なのですが。。

 そんなこんなで、
なかなかオモテの世界との両立が難しいのですが、  
そんな中でも、やはりブログだからこそ言えることもあるなどと、
ブログの良さを日々再発見している今日この頃でして、
私としては諦めずに本ブログを末永く続けていきたいなぁ、と、
そう、この2010年の元旦に決意しておる次第です。 


●ちなみに、昨年一番アクセスを稼いだ記事は、
私的には少し意外にも「泣きっ面にハチ」でした。
 かなり辛口目で描いたので、ちょっと反省中ではありますが(笑)。

 それと昨年読んで良かった本は、
もちろん色々あるのですが敢えて選ぶとすれば、
木村秋則さんの苦闘を描いた、この本ですかね。

 石川拓治著等「奇跡のリンゴ」

 目に見える現象だけに対処するのでは本質を見誤るという教訓を、
心の奥底に刻みつけられる感じというんでしょうかね。

 この本を読むと、かつてキツネさんが言ってたことを思い出しました。

 「かんじんなことは、目に見えないんだよ」
 (サン・テグジュペリ著・内藤濯訳「星の王子さま」から)。


●さて、本日のツボは、こんなところで。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。


(2010年1月1日記)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://bookaholiclawyer.blog18.fc2.com/tb.php/54-92291999
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。