上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●変革するにはまず、この自覚が必要ですかね。


●何かの本で読んだのですが、
権力者が民衆をコントロールするために最も効果的な手段は何かというと、

 「情報操作」

 これが一番らしいのですねぇ。

 人は誰でも、
他人の意思に否応なく従わされるのは嫌なものです。
 生存本能が拒否するんでしょうかね。

 他方で、
自分の意思で決めたんだと思い込めたことについては、
特に抵抗なく、むしろ喜んで実行するんですよね。
 場合によっては、
いかに酷くとも、その結果を許容する確率が高まるらしいです。
 心理学で言う「認知的不協和」も関連してるのかもしれません。

 このような人間の性質に着目し、情報操作をすることによって、
権力者側が想定する選択肢が状況に照らして最も良いように見えるようにする、
そのことで、多くの民衆が自分の意思で、その選択肢を選んだと思わせる、
その上で、現にその選択肢を選ばせる、実行させる、許容させる、
これが最も効果的に民衆をコントロールするやり方なんだそうです。


●さて、
このような情報操作による民衆=他人のコントロールってのは、
果たして、どこか「遠くの独裁国」だけで行われていることなのでしょうか。

 いやいや、
捻くれ者の私には決してそうは思えないんですよね。

 むしろ、
「情報操作」の可能性の程度(≒「情報公開」の程度)という観点からすると、

 「日本は後進国」、と。

 あくまでこれは肌身感覚ですので、
実際には違うという統計的反論もあるかもしれません。
 別にその余地を否定するつもりはありません。

 ただ、少なくとも、一部の外国の方からみると、
上記観点において「日本は明らかに後進国」と見られてるという自覚は必要か、と。


●その最たる例が「密室取調べ」ですかね。

 これ、特に米国の方に説明すると、
非常にビックリされるんですよね。

 「世界2位の経済大国がすることか?」と。

 「いや、もう世界3位なんですよ」とか、
そんなのでは反論にならないわけでして、
弁護士の立会いもない中で、
取調担当者からの一方的な情報に曝されながら自白を迫られる、と。

 私は恥ずかしながら自分自身では刑事弁護は殆どしないのですが、
そうは言っても、例えば独禁の行政調査に対するサポートの中で、
取調担当者のモラルの低い言動を間接的に耳にすることがあるんですよね。

 昨年、
この「密室取調べ」の膿みたいなものが、 
特捜検事が行った取調べを契機に一気に噴き出してきましたが、
それに伴う取調べ方法の改革議論の中ですら、
「密室じゃないと自白が獲り辛くなる」という点が、
被疑者の権利の「対立利益」として公然と挙げられていたことには、
まぁ、私が刑事弁護の素人だからなのかもしれませんが、
正直、呆気にとられてしまいました。

 わかりますかね?
 この「密室じゃないと自白が獲り辛くなる」ってのは、
まさに民衆をコントロールするために情報操作を行う権力者さんと同じ発想なんですよね。
 それが公然と悪気もなく堂々と語られてしまう。
 まさに、この問題の根深さを露呈しているような気がしますね。

 やはり「危ない刑事」の取調べシーンの罪は重い気がします(嘘)。


●余り言い過ぎると怖いかもしれないので(笑)、本日のツボはここまで。

 ちなみに、
近時の原発報道の一部にも、
数字を使った「情報操作」(?)的なものが混じってそうかなぁ。
 例の「シートベルト」って単位は、1時間単位での値なのだそうですね。
 そこに1ヵ月住む予定なら24×31、1年住む予定なら24×365しないといけませんね。
 秒単位で終わるレントゲンの「シーベルト」との単純比較は誤解を生むだけですね。
 もちろん、
ちゃんと報道しているメディアもありますが、
意図的なのかどうかはともかく、
明らかに比較の仕方を間違ってると思われる報道があるのも事実のようです。
 体外被曝と体内被曝との相違などもそうですね。

 特に数字ってのは、
単位やグラフ、割合の母数などで簡単に見た目を操作しやすいので、
訴訟などでも細心の注意を払わなきゃなりませんね。
 特に人間は第一印象に囚われやすいので。

 さらにちなみに、
かく言う私も東京から退避してませんので、
何か無駄に恐怖心を煽るつもりではありません。悪しからず。
 ただ、ホントかどうか知りませんが、
少量の放射線なら逆に健康に良いそうな、放射線科の医者は寿命長いらしい…。


(2011年3月19日記)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://bookaholiclawyer.blog18.fc2.com/tb.php/58-02d7dcea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。